本文へ移動

エビデンスに基づいた健康情報

新型コロナウィルス感染症・ワクチンについて

3回目接種(ブースター接種)についてーイスラエルの報告(NEMJ誌オンライン版2021/12/8)
2021-12-25
2021年もまもなく終わりを告げようとしています。昨年から続いたコロナ禍の先行きは今の段階では見通せませんが、来る年は穏やかな日々が続くことを願っております。

 来年の干支は「寅」です。内裏があった平安時代の京都は四神相応の都と呼ばれていました。四神とは青龍・玄武・朱雀そして白虎の4神獣で都の四方を守護する神々と考えられていました。白虎は西を守護する神で、一説には最も高齢の神獣と伝えられています。虎目石(タイガーアイ)と呼ばれる半貴石があります。研磨すると虎の目の虹彩を彷彿とさせる金褐色の縞模様が浮き出るのでそのように名付けられたそうです。私たちは白虎に守られることを願うだけでなく、世界で最も強く美しい虎が絶滅などしないように環境に思いを馳せながら来る年を過ごしたいと思っております。
この数か月Line上で拙文をお読みいただき、ありがとうございました。来る年も皆さまの健康に資する最新トピックスをお届けしたいと思っております。

 今年の締めくくりとして新型コロナワクチンのブースター接種関連の論文を1件掻い摘んでお伝えいたします。イスラエルで(すでに4回目の接種が開始されていますが、3回目までの総括です)行われた16歳以上、469万6,865人のブースター解析データが12月8日に出ております。
結果として、いずれの年代でもブースター接種による感染・重症化が大幅に減少したとの報告が出ています。日本でもすでに医療従事者などを対象としたブースター接種が開始され、来年1月以降には順次3回目の接種が始まりますので、この論文報告をご参考にしていただければと思います。(詳細はNEMJ誌オンライン版12月8日号)この論文で使用されたワクチンはファイザー社製です。念のため。

もう一つ明るい話題で今年を終わりたいと思います。
アトピー性皮膚炎でお悩みの方も多いのですが、ファイザー社が中程度から重度のアトピー性皮膚炎経口治療薬を開発し、米国では10月にFDAの承認を受けました。海外では現在のところ、イギリス、欧州連合、韓国で承認を受けているそうです。早晩、日本でも承認され、アトピー性皮膚炎の経口治療が開始かれるかもしれませんね。
皆さまがお健やかに、お幸せに来る年をお迎えになられますこと祈念いたしております。