ご相談事例

人工気管に問題があり、感染症が増悪した30代男性のケース

   若い頃の事故により、人工気管を取り付け、その気管の取り付け角度に問題があったため、雑菌が繁殖しやすい状態でした。喘息の発作と感染症を繰り返し、増悪。仕事もままならない状態となり、「ドクターの健康相談」におみえになりました。人工気管の再手術が必要でしたが、リスクの高い手術のため、どの病院でも断られ、著名な大学病院のS先生がお一人、この手術に手を挙げてくださいました。感染症が重く薬で抑えられないほどでしたので、手術ができるかどうかも不安な状態でした。S先生のご了解をとり、こちらからサプリメントによる栄養サポートをさせていただき、クライアント様には手術に耐えられるお身体づくりをしていただきました。感染症は徐々に回復し、予定通り手術を行うことができました。S先生の技術は大変すばらしかったと思います。術後、感染症が再発、危険な状態に陥ったため、こちらからサプリメントをお出しし、入院中お使いいただきました。その後、快復、無事に退院されました。
 
   かかりつけの病院で治療が思うようでない場合、他の先生に診ていただきたいと思っても、適切な病院を見つけることができなかったり、行ってみたら実際は違っていたということも多いと思います。患者様の立場に立って適切な病院やドクターを薦めてくれる場所というのはあまり多くありません。サテライト健康相談室は、患者様が追い込まれたときの“駆け込み寺”として、その方にベストなアドバイス、ドクターのご紹介を行っております。「あなたが今やることは」という具体的なアドバイスをご提示いたしますので、ご相談いただければ必ず解決の道が見えてくると思います。