本文へ移動

セミナー日程

2019年8月のセミナー

予防医学研究会―第14回 肝臓を健やかにⅡ

 肝臓は薬やアルコールの代謝、危険物質の解毒をする臓器として、皆様はイメージされるかもしれません。
しかし肝臓の最も重要な役割は、糖質、脂質、たんぱく質の全ての栄養素を最適な形にして全身の細胞へ送り届け、細胞で使い古された余剰物質の戻り分をリサイクルや排出する一大プラントとしての機能です。
そのため、製品の入出荷のための輸送路である血管が肝臓の中には張り巡らされています。
 
 大量の飲酒によって肝臓がダメージを受けることは知られていますが、近年、非アルコール性の脂肪肝が増加し、特に中年女性における増加が指摘されています。肝臓がんへいたるケースも報告されていますので、気をつけましょう。
 
 肝臓を健やかに保つためには、どのような日常的な気遣いが必要なのかを学びましょう。
 
 また、複数の薬を利用される場合には、その薬に関する基本的な知識をお持ちになると治療効果を上げることにもつながります。
 
 ”知識を智慧に”をモットーに、身体の基本的なメカニズムについて理解しましょう。基本をおさえることはけっして難しいことではありません。ポイントを捉えれば応用することができます。どのような対策をとればよいのかも、自ずと分るようになるのです。皆様のご参加をお待ちしております。
 
  前回から続きの講義となりますが、今回からご参加の方もウェルカムです。
 
8月11日(日)13:30〜15:30
  ※質疑応答を含む終了時間となります。
講師:サテライト健康相談室統括ドクター 
        遠藤雄三先生
参加費 5,940円(税込み)
(講師プロフィール)
 jastサテライト健康相談室 統括ドクター
  浜松医科大学非常勤講師
  東京脳神経センター医師
 
 東京大学医学部卒
 元虎の門病院免疫部長・病理細菌検査部部長
 元マクマスター大学健康科学学部客員教授
 
 
 
  
 
株式会社jast
〒162-0805
東京都新宿区矢来町38番地
ベッラヴォーチェ101
TEL.03-6265-0263
FAX.03-6265-0264
 
TOPへ戻る